中折れとレビトラ

中折れとレビトラ

中折れとレビトラ

性行為の途中でペニスが萎える中折れは、中年以降の男性にとっては「セックスの天敵」とも言えるものです。

 

しばしば中折れを経験すると、男性は性行為のたびにこの天敵の影におびえ、不安を抱きながら行為をすることになります。

 

中折れの不安を解消し、セックスに対して積極的になれるのが、ED治療薬のレビトラです。

 

レビトラは初のED治療薬であるバイアグラに次いで開発されたお薬で、日本では2004年に発売が開始されています。

 

有効成分はバルデナフィルで、他のED治療薬と同じPDE5阻害薬の1つで、他のED薬同様に、中折れ、かたさ不足、回復力の低下などを大幅に高めるお薬です。

 

PDE5阻害薬は、ペニスの血管周囲にあって血管を収縮させて勃起を終了させる酵素PDE5の作用を阻害するお薬です。

 

この作用によってペニスの血管を拡張し、勃起をサポート、維持する(中折れを予防する)効果を発揮します。

 

レビトラが中折れの治療にとくに有効とされている理由は、その即効性とペニスの硬さを維持するため、中折れを解消する優れた作用にあります。

 

ED薬レビトラは服用後15〜20分で効果が現れ、約45分で血中濃度がピークに達します。

 

バイアグラが服用後30〜40分、シアリスが服用後1〜2時間で効果が現れるのに比較すると、日本で発売されている3つのED治療薬の中ではもっとも即効性があります。

 

中折れの予防にはセックスの前にED治療薬を服用しておくのが基本ですが、即効性に優れるレビトラの場合は、中折れしたときに再勃起させる目的でも使用が可能です。

 

中折れしたときは勃たせようと焦るほどペニスが委縮してしまうものですが、レビトラなら間のびする前に行為を再開できます。

 

どのED治療薬がより硬く勃起するかという医学的な検証はありませんが、さまざまな口コミサイトで「レビトラがいちばん」とする使用者の感想が多く見受けられます。

 

これも中折れ対策には心強い点です。

 

中折れ対策としてED治療薬を使用するうえでネックになっているのは、病院で処方してもらわなければならないことと、お薬がかなり高価だということです。

 

レビトラの病院での処方価格は、20mg錠が1錠2,000円前後します。

 

ED治療薬は健康保険が適用されないので、勃起費用、中折れ対策費用はすべて自己負担になります。

 

この2つのネックをクリアするのが、個人輸入でジェネリック医薬品を購入することです。

 

個人輸入の代行会社はインターネットにサイトを開設しているので、そこからネット通販でED治療薬のジェネリックを購入することができます。

 

ジェネリックED薬にはバイアグラ、シアリス、レビトラそれぞれのジェネリック薬があり、早く使って中折れを治せばよかったという男性ばかりです。

 

シンガポールの大手個人輸入代行会社を利用すればED治療薬の偽物や粗悪品をつかむ心配はありません。

 

個人輸入で購入できるレビトラのジェネリックで定評のある製品には、「サビトラ」「バリフ」「ジェビトラ」「ジマトラ」がありますし値段が非常に安いため中折れに悩んでいる男性にはうれしい限りです。

 

これらはすべてインド製のジェネリックED治療薬で有効成分は先発薬と同じで中折れEDには非常に有効性が高く、価格は先発薬レビトラの1/3〜1/5と非常に低価格です。

 

インドは「世界の薬工場」と言われるほど製薬業が発展している国で、低価格ですが製品の品質は優秀です。

 

「国境なき医師団」などの国際的医療ボランティアの活動は、低価格で品質の良いインド製のジェネリックがないと成り立たないと言われています。

 

中折れやEDで自信を無くしている男性、もっとセックスを満喫したい男性はジェネリックED治療薬はおすすめです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ